スイカに塩を振るように、

明日こそ目が覚めませんように
人生は暇つぶし。有意義に暇つぶしが出来なくなると死にたくなる。でも死にたいと言う人の多くの正解は死にたいじゃなく生きていたくない。死にたいわけじゃなく、暇つぶしが上手に優光泉を店舗で買えないってこと。
んなどーでもいい事考える前に仕事しろ
分かんなきゃ、それを見付けるために生きればいいじゃん。
昔の人はわかってたんだけどね、どんどん掻き消されていくみたい。。地球に来た意味ってのを考えたら良いと思う。ここは修行の場だから(^_^;)いかに人の為に生きれたかと、感謝出来たかこの2つでしか成り立っていないの◎
修行じゃね?(棒読み)
人間の存在なんてたまたまなんだから、そこまで深刻に考えることかね。
楽しむため。 そして、スイカに塩を振るように、多少の苦しみも必要。
「その答えを探す為」って、迷いの森にあるお菓子の家で答えたよ。実際にはなーんも考えてない。いずれ来るその日まで、今日を消化する事を繰り返すだけ。どうせなら人様に迷惑をかけない程度に楽しく生きたい。
そりゃ目的は人の数だけありますわな。 ただ私は死ぬ瞬間に 「 あぁ~楽しかったな~。 皆のお蔭さぁ、ありがとう 」 と本音で言いたいから、しんどいけれども一所懸命生きてます。
アンドレイ・タルコフスキーの映画を観ている…ただ、それだけでよかったりする。…意味など考えず心地よさに身を任せていればよかったりする。…その答えを見い出す暇があるのなら、いましなければならないことをすればよいだけの話であろう…そんなこんなで過ぎて…
生きるために働く、生きるために食べる・・・ なんのために生きるということ自体、生命の原理原則からはずれてる。生きてるだけで素晴らしい