同時にネタ

そもそも、「本来は○○という意味」ってのが本当かなんて分からないものだしね。こういう意味で使っていたに違いないってだけだから、誤用というのも可笑しな話よね。
少し前の記事で、「失笑」を「笑えない」とかいう意味に取ってる人がいるというのを見てギャフンて思った。
現代の言霊使いたちは苦労するね。とか中二病な気持ちになったが、同時にネタにしたくなった。
「拘り」いうのは本来的には悪い意味で使われる語やさかい、「思い入れのある」やら「入魂の」やらに置き換えないと、ホンマはよろしぃないいいますね。とはいえom xの通販を思わず使ってしまいますけど
生まれも育ちも日本じゃないからワカラナ~イ
本読みましょう。古典とか、文豪と言われてる人たちの作品。語彙力付くよ。
TM NETWORKの「FAIRE LA VISE」って曲の中で「ささやくキス」って歌詞が出てくるので友人が色々調べてたら「フレンチキスってのはハードなキスの事らしいよ」と。大学生のうちに知っておいて良かったわ・・・。
新聞やテレビの報道番組のアナウンサーが、普通に間違えて使っている時代だからな。マスコミとしての信念がなく、自分達が如何に世間に影響するかもわかっていない。
じゃあ…1人で大笑いした時は何て言うんだ ただ『大笑い』でいいのかな
微妙はそういう意味だってよ?(-"-;)どなたか
ずっと気になってたのは「確信犯」。正しい使い方をすると「は?」って顔されるwてか、本来の意味やとほぼ使う事ないけど。
この手の記事が出るたびに「言葉は生き物だから」「誤用の方が今は一般的」と開き直る人がいるけど、誤用だと知ったらその時点で正せば良いのにって思う。正しい言葉を知って尚且親しい人との会話は流行語で良いじゃないかな。